2014年11月09日

現代詩手帖11月号「気管支たち」

おしらせです。

現代詩手帖2014年11月号特集T 「共同詩、詩を開くために」に
三角みづ紀さんとの連詩歌デュオ「気管支たち」で「気管支たちと滑らかな庭」を寄稿しました。

amazonでも販売中。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00OJEF1WK/ref=pd_lpo_sbs_dp_ss_1?pf_rd_p=466449256&pf_rd_s=lpo-top-stripe&pf_rd_t=201&pf_rd_i=B00HAMU9P2&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_r=0N3WTTF0Q32YY5TG56QP

どうぞお読みくださいませ。
よろしくお願いいたします。
posted by 野口あや子 at 15:31| Comment(0) | 【news】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千葉詩亭写真、ブックマークナゴヤ御礼、たぐる

でおくれましたが、千葉詩亭の写真をUPしておきます。
tibasitei.jpg
こんにちは、マイクの持ちかたが変、野口です。

またブックマークナゴヤ諏訪哲史先生とのトーク、ご来場下さったみなさま、応援下さったみなさま、
ブックマーク運営スタッフの皆さま、そして諏訪先生、ありがとうございました。
諏訪先生のとのゼミ時代、先生の厳しくて優しいところにどれだけ救われたかゼミしれません。

で、一昨日はライブ居酒屋「なんや」でジェフ・リーさんと臼井康浩さんとのインプロライブにお邪魔し、
スリリングな音楽に気がつけば体を揺らしまくっていました。

大好きな澁澤龍彦の話をゼミでしてくれたのが諏訪先生で
縁あってブックマークの打ち上げのとき澁澤龍彦の書斎の話をしてくださったのが馬場駿吉先生で
臼井さんの演奏を聞きに行くといいよ、と教えてくれたのは三角さんで、
臼井さんのライブは「なんや」であるよ、と教えてくれたのはブックマーク運営と正文館店長の古田さんで、そこに会いに行ったのが私、聞いたのが私。

秋、編み物をしています。

手でたぐり寄せて、編み込んで。
少しづつ丁寧に注ぎこんで、少しづつ、心の火を消さないように、心のバトンが手渡されるように。

文学を、文化をつなぐってそういうことかもしれません。

秋の編み物、秋のバトン。

すこし冷え込みます、皆様暖かく、風邪引かないようにね。

明後日はライブ「らせんのよる」、お会いできますよう。

posted by 野口あや子 at 15:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月01日

ブックマークナゴヤ、せんせんきょうきょう

10月31日はブックマークナゴヤの気になる展示をめぐりめぐっていました。

まずは、シマウマ書房さんに行って「ナゴヤの新刊書店員さんによる古本市」
http://bookmark-ngy.com/?p=192
ある書店員さんのおすすめ本棚と私の本棚がかなりかぶっていてびっくりしたり。
ちくさ正文館のの古田さんの詩歌愛にあふれる本棚を拝見したり。
店長の鈴木さんの旅館バイト時代の話に驚愕したり
(飲食業は、けっこうな確率で血の気が荒い・・・)(私もです)

で、さぼっていた歯医者さんにたしなめられながら治療を終えて、(・・・・)

東山公園のON READINGさんにちらりと。
http://bookmark-ngy.com/?p=228
ひろせべにさんの原画展をきちんと見損ねたことが悔やまれますが
相変わらずのおっとりやわらかな店内と冬の靴下コレクションに心が湧きたちました。
ちょうちょのピンバッチとマスキングテープを購入。
蝶ちょブローチ.jpg

かわいい。

ちょうちょのモチーフのものを手に入れると、なんだかいいことが起こるという自分ジンクスを信じて
さっそく地下鉄のなかでつけていました。

そしてちくさ正文館さんの「諏訪哲史「偏愛蔵書室」の百冊を読み尽せ!」コーナーへ。
http://bookmark-ngy.com/?p=196
愛知淑徳悪徳ゼミと自称していた諏訪ゼミでも扱わなかった
「ロリータ」「ドグラ・マグラ」「家畜人ヤプー」などがあって、ほんとに厳しいゼミだったけど
諏訪先生ちゃんとリミッタ―があったんだな。。。と思った次第でした。
諏訪先生の新刊は3日のイベントでぜひサイン付きで購入したいです。

で、大須のモノコトに一瞬だけお邪魔して
「大ヨレヨレ展」。
http://bookmark-ngy.com/?p=170
「ヨレヨレ」三冊を大人買いして、こころさんにお会いしてほっと人心地ついて。
雑誌「ヨレヨレ」は、興味深くてぜひ現物を手に入れたくて。これから楽しみに読みます。

そして栄テレビ塔での柴田元幸さんの朗読会にお邪魔して。
ジャック・ロンドンの話から、決まった量を決めて毎日書く作家と、
神経をとぎすませて一日一行進むか進まないかの作家とどちらがよいアーチストなのか、
という問題が興味深かったです。
私は千本ノック派で、書けるだけ毎日書ききりたいタイプかもしれない・・・
柴田さん翻訳の絵本の朗読が聴けたのも嬉しく、
やわらかくて物静かですうっとしたものごしと朗読にふわふわしながら帰宅。



ブックマークナゴヤ3日にむけて戦戦恐恐としています、と書こうと思って意味を調べたら
「おそれてびくびくしているさま」と出てきて、意味がうろ覚えだったことに気が付く。
打たれ弱そうに見えますが心臓から太い毛が一本生えているタイプ、満身創痍、覚悟でいきたいです。
目指すは百戦錬磨?



秋が深くなって、ゆず茶とひえとりと読書と編み物にどっぷりつかっていきそう。
皆様もご自愛ください。

お仕事先の皆さま、諸連絡持ち越します、少々お待ちを。
では、おやすみなさい。
posted by 野口あや子 at 02:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。